トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

えっつ!ダ・ヴィンチ・コードが盗作!?

世界的ベストセラー米作家ダン・ブラウン氏の小説「ダ・ヴィンチ・コード」(ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット)が盗作だと提訴された。

歴史学者2人はロンドンの裁判所に提訴、公判が27日に始まった。
著作権がさらに侵害されるのを阻止するため、出版の差し止め命令を求める見通しだそうだ。
もし、これが認められれば、出版できなくなる可能性もあるらしい。

ダ・ヴィンチ・コードといえば、全世界同時で5月20日から映画が公開される。

なぜこのタイミングで?
原作自体は2003年には発行されているのだから。
単なる話題づくり。
それとも、お金。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがとう、ミッキー!

長い間、ご苦労様そしてありがとう。

ミッキーこと松永幹夫騎手が昨日のレースを最後に騎手を引退した。
現役生活20年ですか。
お疲れ様でした。
しかも、最終騎乗で1400勝も決めた。
やったね、ミッキー!

松永騎手といえば、私のなかでは牝馬のイメージが強かったですね。
キョウエイマーチやヘヴンリーロマンスなど。

今後は、技術調教師として第2の競馬人生を進む。
がんばって、応援してるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴耕雨読。

今日は朝から雨。
出かける気分でもないので本を読んでいる。
花の下にて春死なむ
北森鴻の作品だ。
ビアバーのマスターが謎を解く安楽椅子探偵もの。
短編集なので読みやすいですよ。
お薦めです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サヨナラCOLOR。

前々から観たかったサヨナラCOLOR

竹中直人監督作品、しかも共演が原田知世。
中年の純情男と薄幸の美女のコミカルで切ない物語。
竹中直人と原田知世が同級生という設定は、かなり無理があると思ったが是非観たいと思っていた。

いきつけのシネコンでの上映がなかったのと、市内の映画館まで行くのが億劫で結局観ず終いだったこの作品。
DVDの発売が決定したので早速予約した。

それにしても、原田知世は良いよな。
私はいまだにファンだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリック ハリウッド版?!

サイレンを観た人なら知っているはずですが、トリックがハリウッドでリメイクされる?ことになります。
そこで、気になるのはその配役。
上田は上田(阿部寛)が演じるらしいのですが、山田(仲間由紀恵)を誰が演じるか?
上田の話によると、ハリウッド版の山田は貧乳ではなく、バーンとしたグラマラスな女性らしい。
そこで私なりに予想してみようと思う。

山田を演じるには、コメディエンヌ的な要素も必要だと思われるので…。

まず、キャメロン・ディアス。
イン・ハー・シューズの演技もよかったし、コメディーもいける。
結構、本命か?

次にナオミ・ワッツ。
ザ・リング2(ザ・リング & ザ・リング2 ツインパック)で中田監督のもとで演技しているので日本の作品にもなじめると思う。
キングコングでは、コメディエンヌの役だったしね。

最後に、これは個人的な趣味なのだが、ジェシカ・アルバ。
ダーク・エンジェル(ダーク・エンジェル ハンディBOX)よりもファンタスティック・フォー[超能力ユニット]の彼女がイメージに近いかな。

以上3人が私の山田候補です。
皆さんのご意見をお待ちしています。

あくまでも、トリック 劇場版2の予告に基づいていますので。
マジに受け取る人はいないと思いますが…。

ちなみに、劇場版2の敵役筐神佐和子の女優さんが決まったみたいです。
私はヒント4問目で正解しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

観たぞ!サイレン。

サイレン、やっと観ました。

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」、「トリック 劇場版 」の堤幸彦監督がメガホンをとった、新感覚サウンド・サイコ・スリラーという触れ込みの作品。

私は、ゲームをやっていないので、サイレンの詳しい世界観は知りません。
でも、映画は楽しめました。
多少、詰め込みすぎのきらいはありますが、観る側の興味をそそる手段としていいと思います。

ただ、私個人の感想ですが日本(映画)にゾンビは似合わないと思います。
ゾンビが出てくることで画面全体が安っぽく見えてくるのです。
それまでの画面構成が台無し。(あくまで個人的な見解です。)

結末の着地はまあまあ及第点だと思います。
途中で想像はつきましたが。

評価は星3つ。
理由は怖さでは輪廻(輪廻 プレミアム・エディション)の方が上だったから。
観終わってから怖さがなかったんだよね。

サイレン スペシャル・エディション

最後に、まだ観ていない人へ。
クレジットが終わるまで決して席を立たないこと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エヴァ大勝利!

昨日、エヴァ2ndインパクトを打ちました。
銀河鉄道物語チャンス目3連からの素粒子砲をはずすというショックから逃げ出すためシマを移動。
エヴァのシマにて、前回の大当たり後800回転以上回った台をチョイス。

100回転程したところミッションモード5分に突入。
しかし追加も無く虚しく終了。
それでもあきらめず70回転程回したところで、「ぬるいな」。「ああ」。が出現!。
私は思わず「もらったゼ!」。
静止した闇の中でリーチで確変大当たり!。
その後、さきぼえから暴走モードに。 リラックス予告シンジから初号機リーチ(バルディエル)で確変。
降下使徒迎撃リーチで勿論確変ゲット。

気が付きゃ13連チャン。
ただし暴走モードを何回か含む。
魂のルフランも2回聞くことが出来たし言うこと無し!。

嗚呼、エヴァにはまりそう。
でも、銀河鉄道物語の方が相性が良いんだな。これがなぜか。
出玉を比べても200個ぐらいエヴァが少ないしね。
でも、今度行った時はどちらを打っか迷っちゃいそう。

帰りにコンビニで「パチンコ最速攻略CR新世紀エヴァンゲリオンセカンドインパクト」を見つけたので早速購入。
このての本、結構好きなんだよね。

こんなアルバム「Refrain of Evangelion」も発売しているので、パチンコで勝ったときに購入してみては。
車の中で聞きながらパチンコに向かうのもいいかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カネヒキリ楽勝!

匿名希望のJRAと言いながら、競馬のことをまったく書いていないのでここらでちょっと書いておこうかな。

2月19日のGⅠフェブラリーS(ダート1600m)でカネヒキリが昨年のJCダートに続くGⅠ連覇を果たし、3月25日にUAEドバイのナドアルシバ競馬場で行われるドバイワールドC(国際G1、ダート2000m)に向け最高のパフォーマンスを行った。

ドバイワールドCと言えば総賞金600万ドル(約6億9000万円)という世界最高のレース。
カネヒキリには是非とも頑張って欲しい。
ドバイの砂に消えたホクトベガの分も走ってくれることを願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら、時効警察 6話。

遅ればせながら、時効警察第6話の感想を。
今回の話は、警察官である霧山くんの葛藤と十文字の苦悩が描かれていました。

前々から霧山くんの時効捜査が趣味云々に、いくばくかの疑問を感じていた私。
警察は誰も時効にするために捜査しているのではないのだから。
結果として、時効になってしまうこともある。
その事件を霧山くんが趣味で捜査する。
でも、霧山くんも警察官なのだから、事件の解決を望むべきなのでは?と。

今回の話は、まさにその部分を霧山と十文字の両サイドから描いていて良かった。
これで、時効警察の話がまた一層深みを増した(言い過ぎ?)のでは。
最後、真弓ちゃんに渡した「誰にも言いませんよカード」。
どこで使うのか、今週は使わないのか?と思いながら観ていた私。
いい使い方をしたね、霧山くん。

時効警察 DVD-BOX

さて、時効警察あと3話で終了ですが、パート2を期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば旅先で…

エリザベスタウンのDVD発売の告知を見て思い出した。

昨年の11月下旬沖縄に旅行に行った。
会社の旅行だった。
観光にも飽きたので、映画を観にいった。
そのとき観た映画がエリザベスタウン。
オーランド・ブルームとキルスティン・ダンストの携帯電話のやり取りがいつまで続くのかと思いながら観てた。
観ているこっちが通話料金が大変だと思えるくらいの長電話。
かなり印象に残った場面だ。

それともう一本、イン・ハー・シューズ
妹のキャメロン・ディアスと姉のトニ・コレットの性格のぜんぜん違う姉妹。
ある日二人は大ゲンカをし、妹は家出をしてしまう。
妹は、偶然祖母が生きていることを知り、祖母のもとへ。
そこで彼女は、様々な経験をし…。

私の好きなシーンは、元大学教授の老人との妹の交流のシーン。
そして、姉の結婚式シーンで妹は…。

どちらも、良い映画だった。
旅先での映画も良いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語をDSで…。

最近CMでやってるじゃない「英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」って。

なんか、楽しそうでやってみたいと思うワケ。
で、それにはDS本体を買わなくっちゃてことで。

でもさ、3月2日にはDS Liteが発売されるよね。
今までのDSを買ったほうが安いのか?(値引き等で)
それとも、Liteを買ったほうが良いのか?

どっちだろ、悩むなァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、メンズデー。

今日は金曜日。
私のいきつけのシネコンは、金曜がメンズデーなんだよね。
1,000円で映画を観られる日ってうれしくない?
しかも、マイルもたまるし一石二鳥ってやつ。

でも、実際は上映スケジュールを眺めて頭の中でこれを観たら次はこれ、休憩の間にアレをして…と想像するだけ。
嗚呼、休みが欲しいゾ!!

トリック劇場版2特報のロングバージョンが観たい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロックが…。

ウェブ連載って、どうなのかな?

3月から大好きな超人ロック の新作「ライザ」がウェブで公開されるのだが、私的には実際に本を手にして読んでみたいのだが。
そもそも私は、本は自分の手でページをめくるものだとかたくなに思い続けている。
まあ、単行本は本として刊行されるだろうが、問題は連載中のこと。
そんなことを気にしている私はおかしいのか?

それから、ロック関係でうれしいことも。

3月末発売のアワーズから、ロックがまた登場するのだ。
これは、楽しみ。

今からロックの活躍が楽しみでもあり、ウェブが心配でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジムも良いけどエミリー・ブランニングが可愛い!

オリバーを観たら、なぜか「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」(レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション)を観たくなった。

DVDを取り出しトリノそっちのけで鑑賞。
やっぱりこの作品は面白い。

ジム・キャリーの怪演が何かと話題になっている本作品ですが、なかなかどうして見ごたえ十分の作品です。
原作(世にも不幸なできごと (1)(2)(3) 3巻 箱入りセット)を知らなくても十分楽しめますよ。

簡単に内容を紹介すると…
ボードレール家の三姉弟妹を襲う不幸せの数々。
迫るジム・キャリー演じるオラフ伯爵の魔の手。
全ての困難を力を合わせ乗り切る三姉弟妹。
と、こんな感じなのですが。
作品全体を流れるなんとなくレトロな感じが作品の世界観を見事にあらわしている。

個人的には、ヴァイオレット(長女)役のエミリー・ブランニングがとても可愛くて魅力的でした。
彼女の今後の作品にも注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間由紀恵マジっすか!

仲間由紀恵withダウンローズがデビューすることが決まった。

只今CMで使っている曲「恋のダウンロード」が着うたフルでチャート1位を獲得、さらにダウンロード数は25万件を突破した!
この反響の大きさから、3月15日のCD発売が決定。
で、このCDには、CMで流れているライブ映像が特典DVDとして付く予定らしい。

企画モノだが、結構いいせんイクかもね。

でも、CDよりも私は次の「トリック」が早く観たい。(トリック 新作スペシャル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田さん、そして頑張れニッポン!

今、トリノオリンピックが開催中。テレビでは連日オリンピックが放送されている。

各放送局ごとにトリノオリンピック放送のテーマソングがあるが、TBSは小田和正さんの「まっ白」が選ばれている。
で、今公開中の映画燃ゆるときのエンディングテーマには「そして今も」(アルバムそうかなに収録)が使用されている。

決して、小田さんが営業活動をしてテーマソングにしたわけではないけれど、小田さんの曲が使われていることがうれしい。

小田さんにはまだまだ頑張ってもらわなければ。
小田さん、そして頑張れニッポン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃ゆるとき

今日、燃ゆるとき(DVDはこちら燃ゆるとき)を観ました。

高杉良の経済小説(燃ゆるときザ エクセレント カンパニー 新・燃ゆるとき )を映画化したものです。
食品会社の営業マン川森は、妻子を残し単身アメリカへ。
アメリカ工場に勤務した川森は、工場再生に着手してゆくのだが…。

良かったです。
川森が機内でおにぎりを食べるシーンは目頭が熱くなりました。
欲を言えば家族との描写をもう少し時間かけて描いてもよかったのでは、と思いましたが。
作品として描いているテーマは感じるものがありました。

星5つ評価で4つ。 お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュンヘンを観ました。

以前、ブログに書いたスピルバーグのミュンヘンを観た。

結論から言えば良い作品だと思う。
星5つ評価で4つ。

今までの作品とは違った雰囲気だが、それが良いのだ。 サスペンス映画なのだが、それだけではない。
主人公のアヴナーは自分達の行動に疑いを抱きはじめる。
そして…。

ミュンヘン スペシャル・エディション

ラストシーンの背景がやけに印象に残った。 感じかたは人それぞれでしょうが、私のお薦めです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ついにトリノが始まる!

ついにトリノオリンピックが開幕しますね。

リアルタイムで観るのはなかなかきついけど、出来る限り(体力の続く限り)応援しようと思っています。
選手の皆さん、頑張って下さい。

八木沼さん、日本にいる私たちの分も選手の応援お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊福部昭さん逝く。

またひとつ巨星が堕ちた。

伊福部昭さんが昨日亡くなられた。
伊福部さんといえば、私の中ではゴジラ を含む東宝特撮映画の音楽を作曲した神様のような人だった。
多分、伊福部さんの名前を知らなくても音楽を聴けば分かる人は多いと思う。

以前NHKだったと思うが、伊福部さんの半生をたどる感じの番組を見た。最初から音楽の道を進んでいたわけではなく、かなり苦労をして作曲家になったのだなと感じた。

現在の日本映画及び音楽の礎を築いた巨星がまたひとつ消えた。
心からご冥福をお祈りいたします。(合掌)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国自衛隊。

昨日の戦国自衛隊 関ヶ原の戦い
都合で後半の90分ぐらいしか観ることが出来なかった。
全編を通して観ていないので、はっきりとしたことは言えないが…、私的には面白くなかった。
なんか中途半端な気がした。

例えば、角川映画版戦国自衛隊(戦国自衛隊) は運命に翻弄される自衛隊員の姿を描いていた。
また伊庭役の千葉真一がスタントマン無しでアクションシーンを行ってそれなりの迫力と娯楽性があった。

昨年公開された戦国自衛隊1549(戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産) )は半村良(戦国自衛隊) のコンセプトを元に福井晴敏がプロット(戦国自衛隊1549 )を作ったもの。
前作では不可能だったCGを使ったり、陸上自衛隊の全面協力のもとに撮影が行われた。
延べ150両以上の実車両が参加しているという。
また、前作では燃料などの補給やタイムスリップについての原因が説明されていなかった。
しかし、1549では説明が行われている。
何より違う点は、その結末にある。
私は、この結末を結構評価している。

で、関ヶ原の戦い。
反町、渡部両氏を含め役者に問題があるわけではない。
根本的にプロットが違うんじゃないかと思う。
テーマもそれほど見えてこないし…。
ラストも考えさせるというよりも悲しいものを感じるし。

今度ちゃんと全編を観たときには、感じることがあるかもしれないけど。
今現在の感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜田省吾は最高だ!

浜田省吾が、大好きだ!

彼の歌とともに、私の人生があるといっても過言ではない。
よく聴くようになったのは、「愛の世代の前に 」からだ。
アルバム全ての曲に共感できた。

そして、いま「My First Love 」浜省の歌は心に訴えかけてくる。
なかでも「光と影の季節」と「I Am A Father」は特にそうだ。

浜田省吾の世界にあなたも触れてみては…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CRF銀河鉄道物語で…

今日、帰りにCRF銀河鉄道物語(どんなストーリーかは、こちらでチェック銀河鉄道物語 DVD-BOX )を打ち、ついにスペシャルエンディングを見ることが出来ました。

他の人が出しているのは何回か見ていたのですが、やっぱり自分が出した画面を見るのは良いですね!

これでしばらく打てます。

SANKYOの松本零士シリーズが大好きな僕。

明日も頑張っちゃう?…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯からも…

携帯からも投稿できるらしいので、試験を兼ねて書き込んでいます。
メール感覚で投稿できるので、外出や泊まりのときはいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリバー・ツイストの感想

観ました、オリバー・ツイスト

オリバー・ツイスト プレミアム・エディション  

星5つ評価で3つ。
制作費80億円をかけたオープン・セットは19世紀のロンドンをリアルに再現していた。
オリバー役のバーニー・クラークはいい表情で演技していた。
フェイギン役のベン・キングズレーの怪演ぶりには、ただ脱帽。

でも、作品全体の印象は…。

オリバーは気がつけば泣いていただけのような気がするし、ストーリーもはしょりすぎているような気がする。
でも、個人的には好きな映画。私的には星4つ。

世間一般的には可もなく不可もなくで星3つぐらいの評価なんだろうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリバー・ツイストを観ようかな。

今日は、のんびり過ごしています。

シロも体調が良くなっている。

夕飯を食べたら映画に行こうと思っています。
オリバー・ツイストを観ようと思っています。
ミュンヘンとどちらを観ようか悩んだすえ、上映開始時間の関係でオリバー・ツイストに決めました。
ミュンヘンは後日行こうと。

後で感想を書き込んでおきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとデザインを変更しました。

昨日から、ブログをはじめたのですが、今日はデザインをちょっと変更してみました。
まだまだなれないけど、徐々に楽しいブログにしていこうと思います。
ブログをはじめたいと思っている方は、ココログで早速チャレンジしてみては、いかがですか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1/400ムサイ発売開始!

そういえば、以前ガンダムコレクションNEOの抽選プレゼントキャンペーンで賞品だったムサイ(1/400 ムサイ)が発売されるんですよね。

欲しいけれどサイズが大きいだけに飾る場所が…。
以前買ったガンダム胸像ディスプレイケースも、結構場所をとっているし…。

でも、欲しいよな。
1/400 ムサイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの飼い犬が…

おはようございます!
昨日と違って、今日は寒い一日になりそうですね。
昨日の夜、ちょっとビックリする事がありました。

うちの飼い犬『シロ』がご飯を食べないのです。
いつもなら、ガツガツむさぼるように食べるのに・・・。
家族みんなで心配しているうちに、ご飯は何とか食べたのでちょっと安心。
就寝前に様子を見てみるとそれほど辛そうな様子はなかったので、心配しながらも就寝。

朝の出勤時、気持ちいつもよりおとなしいシロに挨拶。
たいしたことなくてよかった。

そうそう、シロは女の子です。念のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年観た邦画ベスト3

昨年観た映画。
個人的見解で邦画のベスト3を選んでみました。

まず、井筒監督のパッチギ!。

パッチギ ! スタンダード・エディション パッチギ ! スタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2005/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

感動しました。

次は、結構おバカな映画ではありますが、サマータイムマシン・ブルース。

サマータイムマシン・ブルース サマータイムマシン・ブルース

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

タイムパラドックスをうまく使っていたし、笑えた。

最後にリンダリンダリンダ。

リンダリンダリンダ リンダリンダリンダ

販売元:バップ
発売日:2006/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

女子高生の青春バンドムービー。

以上3作品です。

どれが1番とかではなく、私の中でのベスト3作品です。
感想をお聞かせ願えれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近、面白かったミステリー

休日などは映画を観たり本を読んだりしています。

昨日は久々の休み。ファーストデー(1日)だったので映画を観ました。
「ピーナッツ」内村光良監督作品。
面白かったですよ。ウッチャン本当に映画好きなんだと感じました。

読書は主にミステリーを中心に読んでいます。
最近お気に入りの作家は「北森鴻」です。
蓮丈那智シリーズが特に好きですネ。

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 Book 凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉

著者:北森 鴻
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉 Book 触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉

著者:北森 鴻
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 Book 写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉

著者:北森 鴻
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現在フィールドファイル3まで出ていますが、1と2は文庫でも出版されていますので興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日よりブログをはじめます。

皆さん、はじめまして。
今日からブログを始めることにしました。
よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »