« 仲間由紀恵マジっすか! | トップページ | ロックが…。 »

ジムも良いけどエミリー・ブランニングが可愛い!

オリバーを観たら、なぜか「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」(レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション)を観たくなった。

DVDを取り出しトリノそっちのけで鑑賞。
やっぱりこの作品は面白い。

ジム・キャリーの怪演が何かと話題になっている本作品ですが、なかなかどうして見ごたえ十分の作品です。
原作(世にも不幸なできごと (1)(2)(3) 3巻 箱入りセット)を知らなくても十分楽しめますよ。

簡単に内容を紹介すると…
ボードレール家の三姉弟妹を襲う不幸せの数々。
迫るジム・キャリー演じるオラフ伯爵の魔の手。
全ての困難を力を合わせ乗り切る三姉弟妹。
と、こんな感じなのですが。
作品全体を流れるなんとなくレトロな感じが作品の世界観を見事にあらわしている。

個人的には、ヴァイオレット(長女)役のエミリー・ブランニングがとても可愛くて魅力的でした。
彼女の今後の作品にも注目です。

|

« 仲間由紀恵マジっすか! | トップページ | ロックが…。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジムも良いけどエミリー・ブランニングが可愛い!:

« 仲間由紀恵マジっすか! | トップページ | ロックが…。 »