« 連敗脱出はベルばら?! | トップページ | エヴァ&Winkで。 »

ゆれる、感想。

オダギリジョーのゆれるを観ました。

ゆれる

東京で写真家として成功した猛(オダギリジョー)は母の一周忌で久しぶりに帰郷。
兄の稔(香川照之)、幼なじみの智恵子(真木よう子)と3人で近くの渓谷に出かけた。
だが、その渓谷の吊り橋から智恵子が落ちてしまう。
その時、そばにいたのは稔だった…。
事故だったのか、事件なのか。
裁判が始まり、次第にそれまでとは違う一面を見せるようになる兄。
猛の心はゆれていく。
そして…。

監督は蛇イチゴの西川美和。
主演はオダギリジョー。

兄弟の愛憎をオダギリジョーが演じる姿はすばらしい。
香川照之、伊武雅刀、蟹江敬三と共演者も言うことなし。
最後まで緊張感がみなぎる映画でした。
人は怖い、けどせつないくらいにやさしい。
そんな作品でした。

評価は星4つ。
そうそう、木村祐一さんが良い味出していますよ。

ゆれる ゆれる

著者:西川 美和
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 連敗脱出はベルばら?! | トップページ | エヴァ&Winkで。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

もう見たんですか!?さすが早いですね♪
こっちの方では10月末か11月入ってからの上映です。。。
映画館もちょっと遠くですが、「ゆれる」は是非見たいと思ってます。

投稿: あぼまる | 2006年9月28日 (木) 21時18分

初めまして!
TBありがとうございます。「ゆれる」のオダギリジョーはホントに素敵でしたね~! でも私は、ちょっと怪しくて何を考えているのかわからない兄役の香川照之が好きですよ~。
また遊びにこさせてくださいね。

投稿: naohin | 2006年9月28日 (木) 23時17分

トラックバックありがとうございます。
オダギリジョーはステキでした。ああいう世間に背中向けてる役が合う役者さんだなぁ、と思います。
せつない映画でしたねぇ・・。

投稿: どぅ | 2006年9月30日 (土) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆれる、感想。:

« 連敗脱出はベルばら?! | トップページ | エヴァ&Winkで。 »