« ちょっと、ベルばらっちゃいました。 | トップページ | バックダンサーズ! »

XーMENの感想。

XーMENも3作目。

X-MEN:ファイナル ディシジョン

今回のストーリーは、ミュータントを病気だと主張する科学者が開発した薬「キュア」をめぐっての話。
この「キュア」を使えばミュータントとしての能力を失う。
ミュータント達は人間になるか、ミュータントとして生きていくかの選択を迫られる。
そこに様々な思惑が絡み…。

面白いと思います。
もう一度、第1作から観たいと思いました。
ただ、何か作品自体にスケールを感じないんです。
ですので私の評価は星3つです。

原作ファンの方の意見はどうなんでしょうか?
ちょっと気になります。

それから、クレジットの後にもなにやらあるらしいのですが…。
おなかの調子が悪かったのでクレジットが出ると同時にトイレにダッシュ!
戻ったら、終わっていた。
う~ん、気になるよ。
良かったら、どなたかコメントで教えて下さい。

X-MEN 特別編 + X-MEN2 (初回限定生産) DVD X-MEN 特別編 + X-MEN2 (初回限定生産)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ちょっと、ベルばらっちゃいました。 | トップページ | バックダンサーズ! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
エンドロール後は、プロフェッサーは生きてる?みたいな感じでした。
病院のベッドに寝ている人に意識を飛ばしたのか、もともと彼だったのかわかりませんが。
まだまだ続きそうな感じですね。

投稿: ゆかりん | 2006年9月25日 (月) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41647/3566434

この記事へのトラックバック一覧です: XーMENの感想。:

« ちょっと、ベルばらっちゃいました。 | トップページ | バックダンサーズ! »