« 戦国乙女とは リーチ編。 | トップページ | 金エヴァ(プレミアムモデル)打ちました! »

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー。

実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソン。
彼が、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディータッチの作品。

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (トム・ハンクス出演) ポスター

酒と女に目がないチャーリー・ウィルソン。
ある日一つのニュース映像に目を止めた。
ソ連軍に攻め込まれ難民にあふれるアフガニスタンの惨状だった。
彼は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くようにつげられる。
現地でチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受ける。
そして、彼は一大プランを打ち立てるのだった。

予想通り、面白かったです。
実際にあったお話ってのが凄いですよね。
アメリカらしいって言えばアメリカらしいんですけどね。
これは、コメディー仕立てで正解ですね。
じゃなかったら、私は観なかっただろうな。
内容が内容だけに。
本編とは関係ないんですが秘書役のエイミーアダムスは良かったですよ。
こんなことなら、魔法にかけられてを観ておけば良かった。

|

« 戦国乙女とは リーチ編。 | トップページ | 金エヴァ(プレミアムモデル)打ちました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー・ウィルソンズ・ウォー。:

« 戦国乙女とは リーチ編。 | トップページ | 金エヴァ(プレミアムモデル)打ちました! »