« プレミアなら金エヴァ。 | トップページ | ブックカバー2008。 »

僕の彼女はサイボーグ。

未来から来たサイボーグと、さえない青年が織り成すファンタジックなラブストーリー。

監督は「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督。
主演は綾瀬はるかと小出恵介。

21歳の誕生日。
ジローの目の前に突然現われたには、1年前に一目ぼれした女性と同じ顔をしたサイボーグだった。(サイボーグじゃなくてアンドロイドだと思うんですが…)
ジローと彼女の奇妙で予測不可能な共同生活。
そして、ジローは彼女に恋をし始めた。
その結果は…。

最初は、ラブコメ版ターミネーターかと思っていたのですが…。
結構、面白かったです。
まあ、賛否分かれる作品だとは思いますが。
ラストもあのほうが分かりやすいんでしょうね。
私はアリだと思います。
でも、最初の頃の悪ふざけはやり過ぎでしょうね。
韓国映画だとアリなんでしょうかね。
総体的には面白い作品でした。

ああっ、余談ですがレイとアスカも登場しますよ。
1000ピース 夏の休日

|

« プレミアなら金エヴァ。 | トップページ | ブックカバー2008。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕の彼女はサイボーグ。:

« プレミアなら金エヴァ。 | トップページ | ブックカバー2008。 »