« 地球が静止する日。 | トップページ | 今年の目玉は…。 »

K-20 怪人二十面相・伝。

舞台は架空都市帝都。
19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生まれていた。
帝都の富のほとんどが一部の特権階級の華族に集中していた。

江戸川乱歩が生み出したダークヒーロー二十面相がK-20として蘇る。
サーカス団のエース遠藤平吉はK-20にはめられ濡れ衣を着せられてしまう。
自身の無実を証明するため、彼はK-20に戦いを挑むのだった!

2008年を締めるのにふさわしい映画でした。
とても楽しめました。
金城さんの平吉がピッタリはまっていました。
國村隼さんも好きだなぁ。
架空都市帝都の設定も良かったと思います。

これは、お勧めです。

ちなみに1ヵ月フリーパスをマイルで交換したのですが、ナンバーが500でした。
ちょっと、うれしかった。

|

« 地球が静止する日。 | トップページ | 今年の目玉は…。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-20 怪人二十面相・伝。:

« 地球が静止する日。 | トップページ | 今年の目玉は…。 »